HOME  >   Appendix>  EclipseからのAndroidデータのエクスポート(データの持ち帰り)


【使用方法】
・ここをクリックすると、以下の全Stepを開いたり閉じたりします。
[Click here to Open/Close for all steps]
・以下のStepタイトルをクリックすると、そのStepを開いたり閉じたりします。

概要

ここでは、スクールのパソコンのEclipseで作成したデータを外部に持ち出す(データのエクスポートを行う)場合の手順について説明します。
※これは、共用のパソコンを利用する場合に必要な、主に通学講座受講生のための手順です。通信講座を受講されている方は、手順を行う必要はありません。

※エクスポートとは、データを取り出すことです。


■データを持ち帰る必要性
スクールでの受講の終了時には、必ず作成したデータのコピーをお持ち帰り下さい。
そして、次回の受講時に、そのデータを使用するパソコンに持ち込みます。
スクールでは、受講される皆様がパソコンを共用するため、データの管理をご自分で行っていただく必要があるのです。
(フリースタイルの場合は、受講する席が決まっていませんので、特に必要になります。)

■持ち帰る必要のあるデータ
Android講座では、Eclipseというツールを利用してアプリケーションを作成し学習を進めていきます。
Eclipseでは、「ワークスペース」と呼ばれるフォルダの中に、「プロジェクト」と呼ばれるフォルダを作成します。
プロジェクトは、1つのAndroidアプリケーションです。

スクールのパソコンでは、このワークスペースを個人ごとに作成し、その中にAndroidアプリを作成していきます。

  • ・ワークスペース単位
    - 今まで作成したデータ全て
  • ・プロジェクト単位
    - アプリごと
  • ・プログラム単位
    - 編集したプログラムのみ

ワークスペース単位、プロジェクト単位、プログラム単位のどの単位でエクスポートしても結構です。



■データを持ち帰るために必要なもの
ご自身で用意いただいたUSBメモリをご利用下さい。
この手順では、エクスポートしたデータをUSBメモリに保存するまでを例として説明しています。



それでは、前提条件の確認の後に、順に説明を行います。
どの単位でエクスポートする場合でも手順は簡単で、コピー&ペーストでエクスポートが完了します。


前提条件

・スクールのPCを起動していること。
※この手順は、スクールのPCで行うことを前提として記載しています。

・Eclipse内に持ち帰りたいデータ(Androidテキストで作成したワークスペース、またはAndroidプロジェクト)を用意していること。
※ここでは、例としてUSBメモリにデータをコピーする場合の手順を紹介しています。


ワークスペース単位でのエクスポート

ここでは、ワークスペース単位でのエクスポートを行う手順を紹介します。

  • 1)クリップボードへのデータのコピー
  • 2)クリップボードからのデータの貼り付け

1)クリップボードへのデータのコピー

当スクールでのAndroid開発環境では、以下の位置に受講される皆様個人のワークスペースを作成頂いています。
この場所をエクスプローラーで開いて下さい。

C:\usr\kis_android_pkg_ver2.0\android\workspace


エクスプローラーで開くと、下図のような画面が表示されます。
表示されている各ワークスペースは一例です。



ここでは例として、神田さんのワークスペース「kanda」をエクスポートする手順を説明します。
ワークスペースである「kanda」フォルダを右クリックし、「コピー(C)」をクリックして下さい。




2)クリップボードからのデータの貼り付け

データを貼り付ける前に、エクスポート先をエクスプローラーで開いておく必要があります。

USBメモリを使用する場合は、パソコンのUSBポートに接続して下さい。
すると、次のようなウィンドウが表示される場合があります。
この場合は、「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックして下さい。



自動的にUSBメモリ内がエクスプローラーで開かれず、上図のようなウィンドウもポップアップしなかった場合は、エクスプローラーを開き、USBメモリのドライブを探します。
「E:」や「F:」にあることが多いと思います。

下図は、エクスプローラーで保存先の場所を開いた例です。
この例では、USBメモリは「E:\」の位置にあるため、保存先を「E:\」としています。
他の場所に保存する場合は、この説明では「E:\」を保存先の場所と読み替えて下さい。



何も無いところで右クリックし、「貼り付け(P)」をクリックして下さい。
※USBメモリの場合、コピー中はパソコンからUSBメモリを抜かないようにして下さい。データが破損する場合があります。



ワークスペースがコピーされました。



これで、ワークスペース単位でのエクスポートは完了です。



プロジェクト単位でのエクスポート

ここでは、プロジェクト単位でのエクスポートを行う手順を紹介します。

  • 1)Eclipseの起動
  • 2)クリップボードへのデータのコピー
  • 3)クリップボードからのデータの貼り付け

1)Eclipseの起動

Android講座用のEclipseを起動します。
デスクトップ上にある、「【Android】eclipse」アイコンをダブルクリックして下さい。



【アイコンが見つからない、または正常に起動しない場合】

「C:\usr\kis_android_pkg_ver2.0\android\eclipse」の位置にある「eclipse.exe」をダブルクリックして下さい。




しばらく待つと、下図のようなウィンドウが表示されます。

「ワークスペース(W)」欄には、既に作成して頂いた、個人専用ワークスペースのパスを入力します。
「参照(B)」をクリックし、選択してもかまいません。
スクールで作成したワークスペースのパスは、以下のようになっています。

C:\usr\kis_android_pkg_ver2.0\android\workspace\お名前の名字


下図は、神田さんの場合の例です。



※「ワークスペースの選択」ウィンドウが表示されない場合

そのまましばらくEclipseが起動するのを待ちます。
Eclipseの起動後に、Eclipse右上のメニュー「ファイル(F)」>「ワークスペースの切り替え(W)」>「その他(O)」を選択して下さい。
すると、「ワークスペースの選択」ウィンドウが表示されますので、手順通りに設定を行って下さい。




再びEclipseの画像が表示され、しばらく待つとEclipseが起動します。
Eclipseを起動するためのここまでの手順は、スクールの講座を受講する際に繰り返し行いますので、覚えておいて下さい。

ここでは、例として「HelloWorld」というプロジェクト(Androidアプリケーション)をUSBメモリにエクスポートする手順について説明します。




2)クリップボードへのデータのコピー

Eclipseが起動したら、画面に表示されているプロジェクトを直接クリップボードにコピーします。
「HelloWorld」を右クリック>「コピー(C)」をクリックして下さい。





3)クリップボードからのデータの貼り付け

データを貼り付ける前に、エクスポート先をエクスプローラーで開いておく必要があります。

USBメモリを使用する場合は、パソコンのUSBポートに接続して下さい。
すると、次のようなウィンドウが表示される場合があります。
この場合は、「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックして下さい。



自動的にUSBメモリ内がエクスプローラーで開かれず、上図のようなウィンドウもポップアップしなかった場合は、エクスプローラーを開き、USBメモリのドライブを探します。
「E:」や「F:」にあることが多いと思います。

下図は、エクスプローラーで保存先の場所を開いた例です。
この例では、USBメモリは「E:\」の位置にあるため、保存先を「E:\」としています。
他の場所に保存する場合は、この説明では「E:\」を保存先の場所と読み替えて下さい。



何も無いところで右クリックし、「貼り付け(P)」をクリックして下さい。
※USBメモリの場合、コピー中はパソコンからUSBメモリを抜かないようにして下さい。データが破損する場合があります。



プロジェクト(Androidアプリケーション)がコピーされました。



これで、プロジェクト単位でのエクスポートは完了です。



プログラム単位でのエクスポート

ここでは、プログラム単位でのエクスポートを行う手順を紹介します。

  • 1)Eclipseの起動
  • 2)クリップボードへのデータのコピー
  • 3)クリップボードからのデータの貼り付け

1)Eclipseの起動

Android講座用のEclipseを起動します。
デスクトップ上にある、「【Android】eclipse」アイコンをダブルクリックして下さい。



【アイコンが見つからない、または正常に起動しない場合】

「C:\usr\kis_android_pkg_ver2.0\android\eclipse」の位置にある「eclipse.exe」をダブルクリックして下さい。




しばらく待つと、下図のようなウィンドウが表示されます。

「ワークスペース(W)」欄には、既に作成して頂いた、個人専用ワークスペースのパスを入力します。
「参照(B)」をクリックし、選択してもかまいません。
スクールで作成したワークスペースのパスは、以下のようになっています。

C:\usr\kis_android_pkg_ver2.0\android\workspace\お名前の名字


下図は、神田さんの場合の例です。



※「ワークスペースの選択」ウィンドウが表示されない場合

そのまましばらくEclipseが起動するのを待ちます。
Eclipseの起動後に、Eclipse右上のメニュー「ファイル(F)」>「ワークスペースの切り替え(W)」>「その他(O)」を選択して下さい。
すると、「ワークスペースの選択」ウィンドウが表示されますので、手順通りに設定を行って下さい。




再びEclipseの画像が表示され、しばらく待つとEclipseが起動します。 ここでは、例として「HelloWorld」というプロジェクトの中の「HelloWorldActivity.java」をUSBメモリにエクスポートする手順について説明します。




2)クリップボードへのデータのコピー

Eclipseが起動したら、画面に表示されているプログラムを直接クリップボードにコピーします。 「HelloWorldActivity.java」を右クリック>「コピー(C)」をクリックして下さい。




3)クリップボードからのデータの貼り付け

データを貼り付ける前に、エクスポート先をエクスプローラーで開いておく必要があります。

USBメモリを使用する場合は、パソコンのUSBポートに接続して下さい。
すると、次のようなウィンドウが表示される場合があります。
この場合は、「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックして下さい。



自動的にUSBメモリ内がエクスプローラーで開かれず、上図のようなウィンドウもポップアップしなかった場合は、エクスプローラーを開き、USBメモリのドライブを探します。
「E:」や「F:」にあることが多いと思います。

下図は、エクスプローラーで保存先の場所を開いた例です。
この例では、USBメモリは「E:\」の位置にあるため、保存先を「E:\」としています。
他の場所に保存する場合は、この説明では「E:\」を保存先の場所と読み替えて下さい。



何も無いところで右クリックし、「貼り付け(P)」をクリックして下さい。 ※USBメモリの場合、コピー中はパソコンからUSBメモリを抜かないようにして下さい。データが破損する場合があります。



プログラムがコピーされました。



これで、プログラム単位でのエクスポートは完了です。


以上で、「EclipseからのJavaデータのエクスポート」の説明を終わります。 お疲れ様でした。