HOME  >   appendix >  iPhoneアプリケーションのインポート

iPhoneアプリケーションのインポート


【使用方法】
・ここをクリックすると、以下の全Stepを開いたり閉じたりします。
[Click here to Open/Close for all steps]
・以下のStepタイトルをクリックすると、そのStepを開いたり閉じたりします。

1 概要

ここでは、Xcodeで作成したiPhoneアプリケーションを外部から持ち込む(データのインポートを行う)場合の手順について説明します。

※インポートとは、データを取り込むことです。

 

■データをインポートする理由

神田ITスクールでは、来校するたびに異なるパソコンを利用する場合があります。
そのため、必ずスクールで作成したデータのコピーは持ち帰り、また、次回の受講時には、前回持ち帰ったデータを忘れずお持ちください。

神田ITスクールでは、複数の方がパソコンを共用するため、データの管理をご自分で行っていただく必要があります。

■データをインポートするために必要なもの

前回の受講時にUSBメモリを利用して持ち帰った(エクスポートした)データをお持ちください。


2 前提条件

データをインポートするためには、以下の前提条件を満たしている必要があります。

  • ■インポートする対象のデータ(Xcode4.3で作成されたiPhoneアプリケーション、または、それらが格納された個人フォルダ)を保存したUSBメモリがあること。
※ここでは、USBメモリを利用してデータをインポートする手順を紹介します。

3 iPhoneアプリケーションのインポート

iPhoneアプリケーションのインポートは、Finderでデータをインポートする場所を開き、コピー&ペーストすることで行えます。

これから、USBメモリからデータをインポートする手順を説明します。

1)USBメモリを開く

インポートするデータが保存されているUSBメモリをMacに接続します。

USBメモリをMacに接続すると、Finderのウィンドウ左側の「デバイス」という項目内にUSBメモリが表示されます。

表示されたUSBメモリ名をクリックし、開いて下さい。

 

2)インポートするデータのコピー

ここでは例として、個人フォルダ「kanda」をインポートします。
インポートするデータを右クリックし、「"項目名"をコピー」をクリックして下さい。



3)インポートするデータのペースト

Finderで、インポートしたデータを格納する場所を開いて下さい。
神田ITスクールのiPhone講座では、作成したデータを格納する場所は決められています。

・個人フォルダ: /Users/student/Documents/iphone_intro

・プロジェクト:  /Users/student/Documents/iphone_intro/お名前のフォルダ

データを格納する場所を開いたら、何も無いところで右クリック>「項目をペースト」をクリックして下さい。

これで、Macへのデータのインポートは完了です。

データをインポートした後の個人フォルダの画面は以下のようになります。

■既存の項目がある場合
同名の既存の項目がある場合に、新しくインポートするデータに置き換えたいときは、そのままペーストして下さい。下図のようなウィンドウが表示されます。

「新しいバージョンを使う」をクリックすると、既存のデータが新しくインポートするデータに置き換えられます。

インポートしたプロジェクトをXcodeで開く方法は、こちらをクリックして下さい。

以上で、「iPhoneアプリケーションのインポート」の説明を終わります。