数字当てプログラム概要の講義動画


【使用方法】
・ここをクリックすると、以下の全Stepを開いたり閉じたりします。
  [Click here to Open/Close for all steps]
・以下のStepタイトルをクリックすると、そのStepを開いたり閉じたりします。

1.概要

数字当てゲームとは、0~9の中から当たりの数字を当てるゲームです。

プログラム(ゲーム)では、当たりの数字を1つだけ決めておき、指定の数字と当たりの数字が同じならば『当たり』、異なれば『はずれ』と表示します。また、異なる場合は、当たりがその数よりも大きいか小さいかヒントを表示します。
ページの先頭へ

2.キーワード

・if条件文,繰り返し文(while)
・キーボード入力
・数字(数字文字列)を数値へ変換
・例外処理
ページの先頭へ

3.前提条件

・当講座の「HelloWorldプログラム」を受講済み、または同等の知識をお持ちの方
ページの先頭へ

4.プログラム仕様

・数字当てプログラム仕様(設計)内容について説明します。

■数字当てプログラムの仕様
1.正解数値を当てるまで、繰り返し入力される数値の判定を行う。
2・正解数値より小さい数値を入力した場合「Xより大きいです。」とヒントを表示する。
3.正解数値より大きい数値の場合「Xより小さいです。」とヒントを表示する。
4.正解数値を当てた場合は「!!大当たり!!」と表示する。
5.入力された数値の範囲が0~9でない時にエラーメッセージを表示する。
6.エラーメッセージは、「0~9以内の数字を入力してください。」とする。
7.処理の終了は、正解数値を当てたときにする。
ページの先頭へ

5.実行結果

(実行画面例1) GuessNum1S1.java

(実行画面例2) GuessNum1S1.java

(実行画面例3) GuessNum1S1.java


ページの先頭へ