HOME   >   数字当てプログラム >   StepByStep

数字当てプログラムのはじめに

1) このStepByStep方式による実践型プログラミング演習を開始する前に以下の内容に目を通してください。
 ・数字当てプログラムの概要
 ・数字当てプログラムのFlowchart
2) StepByStep方式による実践型プログラミング演習では、Step順に進めます。
3) 各Stepが何を求めているか(仕様)をしっかり理解します。

神田ITスクールのStepByStep方式とは 

多くの卒業生からよい評判を得ている当スクールの実践型アプリケーション演習は、 概要→フローチャート→StepByStep方式→テストのフェーズで構成しています。

ここでは、StepByStep方式について説明します。

●「StepByStep方式」とは
StepByStep方式とは、長年のプログラム教育ノーハウを活かした神田ITスクールの独自のプログラム作成アプローチ方法です。
これは、「分割統治法(Divide and Conquer)※1」という考え方を借りて神田ITスクールのプログラム講座に適用したもので、 まず大きなプログラムを適切なStep単位で分けて、Step順で少しずつ肉付けしながら組み立てていく発想です。

※1)Divide and Conquer(分割統治法)とは大規模な問題を効率的に解く考え方の一つで、
そのままでは解決することが難しい大きな問題を、いくつかの小さな問題に分割して個別に解決していくことで、
最終的に大きな問題を解決するという考え方です。

●「StepByStep方式」のメリット
①いざとアプリケーション(プログラムともいう)を作成することになると、初心者はどこから手を出せばいいかわからないのが普通です。
StepByStep方式を用いると、初心者でもわかりやすく、Stepごとに漸進的にロジックを付け加えながら、自然の流れでアプリケーションを作成することができます。

②StepByStep方式では、各Stepごとに目標がはっきり見えるため、自分が何をすればよいかがわかります。

③Step単位で自分で手で一からプログラム作成し、実行して結果が出るた度に「私にも出来た!」というプログラムの喜びと楽しさが湧いてきます。

④Stepを経ていくうちに自然の流れでアプリケーション(プログラム)を完成できます。


●「StepByStep方式」の進め方のポイント
- Step順に丁寧に進めます
各StepにはStepの概要、前提条件、目的、キーワード、仕様、手順、実行結果画面、HINTがあります。

- 該当Stepが何を求めるか(仕様)をしっかり把握します。
Step内容を丁寧に精読します。

- 各Stepで案内する手順通りに進めます。

- 必要に応じて、各Stepの後ろにある【HINT】を参考にします。
わからないときは、各Stepの後ろで提供している【HINT】を参考にすると、部分的にHINTが得られます。

ページの先頭へ

数字当てプログラム 講義動画

【使用方法】
・ここをクリックすると、以下の全Stepを開いたり閉じたりします。
  [Click here to Open/Close for all steps]
・以下のStepタイトルをクリックすると、そのStepを開いたり閉じたりします。

Eclipse準備

手順1) Eclipseを起動します。
      ※起動済みの場合は、スキップします。
手順2) ワークスペースパスを指定します。
      ※当スクール指定ワークスペースのパスは「../../workspace」です。
手順3) プロジェクトを作成します。 プロジェクト名は「myapp_名字のローマ字」とします。
      ※同名のプロジェクトがすでにあれば、スキップします。
手順4) パッケージを作成します。 パッケージ名は、「jp.co.f1.app.guess」とします。
      ※同名のパッケージがすでにあれば、スキップします。
ページの先頭へ

Step1 正解の判定

【数字当てプログラムのStepByStep】
【数字当てプログラムのStep1】

Stepの概要

  ・キーボードから数値を入力してもらい、正解数値かどうか判断する処理を作成する。

Stepの前提条件

  ・当スクールのJava講座で「条件処理」を終了、または同等知識をお持ちの方。

Stepの目的

  ・if~if else文及びキーボード入力方法を習得し、判定処理の流れを理解します。

Stepのキーワード

  条件文(if、if-else)   キーボード入力   数字(数字文字列)を数値へ変換

Stepの仕様

  1)正解の数値を変数に設定する。
  2)開始のメッセージを表示させて、ユーザから1桁の数字入力をもらって判断するメッセージを表示させる。
  3)以下の実行画面のように、2つの数字を比較し、①一致する場合、②正解より小さい場合、③正解より大きい場合を確認する。
  4)終了時には、終了のメッセージを表示させる。

Stepの手順

  1)javaクラスファイル作成する。
    ・Eclipse準備で作成した「jp.co.f1.app.guess」パッケージに「GuessNumS1.java」ファイルを新規作成する。

  2)実行結果画面になるプログラムを、1)で作成したjavaファイルにコーディングを行う。
    ・ステップ仕様を確認して作成する。

  3)作成物の提出を行う。 (提出方法はこちらをクリックしてください)
    ・プロジェクトファイル

  4)次のステップに進む。

Stepの実行結果の例

【実行結果画面の例1】

【実行結果画面の例2】

【実行結果画面の例3】


StepのHINT

  HINTは現時点までの学習内容とします。
ページの先頭へ

Step2 入力した予想データ(数字範囲外、空白)のエラー処理

Stepの概要

  ・条件文(if、if-else)を使用し、範囲以外のデータを取り扱う処理を行う。

Stepの前提条件

  ・Step1の作成物を当スクールへ既に提出していること。

Stepの目的

  ・if~if else文の条件を追加し、エラー処理の流れを理解します。

Stepのキーワード

  条件文(if、if-else)   キーボード入力   数字(数字文字列)を数値へ変換

Stepの仕様

  ・Step1に以下のStep仕様機能を付け加える。
    1)キーボードから入力されたデータが0~9以外の数字の場合は以下のエラーメッセージを表示する。
      →「0~9以内の数字ではありません。」
    2)キーボードから入力されたデータが空白(何の入力もなし)の場合は、以下のエラーメッセージを表示する。
      →「何も入力されませんでした。」

      ※<HINT> 空白を判定する処理は、『文字列.equals("")』を使用してください。
      ※<HINT> 途中でプログラムを終了させたい場合は、「 System.exit(n); 」で可能です。
              →nとは0とそれ以外を表す。 0を返すと正常、それ以外の場合は異常を示します。

Stepの手順

  1)javaクラスファイル作成する。
    ・Eclipse準備で作成した「jp.co.f1.app.guess」パッケージに「GuessNumS2.java」ファイルを新規作成する。

  2)実行結果画面になるプログラムを、1)で作成したjavaファイルにコーディングを行う。
    ・ステップ仕様を確認して作成する。

  3)作成物の提出を行う。 (提出方法はこちらをクリックしてください)
    ・プロジェクトファイル

  4)次のステップに進む。

Stepの実行結果の例

【実行結果画面の例1】

【実行結果画面の例2】

StepのHINT

  HINTは現時点までの学習内容とします。
ページの先頭へ

Step3 予想数の入力を繰り返す

Stepの概要

  ・繰り返し文(While)を使用し正解数値又は終了文字が入力されるまでプログラムを処理させる。

Stepの前提条件

  ・Step2の作成物を当スクールへ既に提出していること。
  ・当スクールのJava講座で「繰り返し処理」を終了、または同等知識をお持ちの方。

Stepの目的

  ・繰り返し文を利用した無限ループの利用方法を習得します。
   また、無限ループから抜け出す方法も習得します。

Stepのキーワード

  繰り返し(for、while、do-while)
  条件文(if、if-else) キーボード入力 数字(数字文字列)を数値へ変換

Stepの仕様

  ・Step2に以下のステップ仕様機能を付け加える。
    1)キーボードから入力処理を繰り返して数字を入力できる。
    2)以下のプログラム終了条件を満たす場合以外は、繰り返して入力し続ける。
      プログラム終了条件 : 以下のどちらかの条件を満たす場合は、プログラムを終了する。
        ケース1:正解数字を当てた場合
        ケース2:英字の小文字『q』が入力された場合

Stepの手順

  1)javaクラスファイル作成する。
    ・Eclipse準備で作成した「jp.co.f1.app.guess」パッケージに「GuessNumS3.java」ファイルを新規作成する。

  2)実行結果画面になるプログラムを、1)で作成したjavaファイルにコーディングを行う。
    ・ステップ仕様を確認して作成する。

  3)作成物の提出を行う。 (提出方法はこちらをクリックしてください)
    ・プロジェクトファイル

  4)次のステップに進む。

Stepの実行結果の例

【実行結果画面】

StepのHINT

  HINTは現時点までの学習内容とします。
ページの先頭へ

Step4 入力した予想データ(数字以外)のエラー処理

Stepの概要

  ・try,catch文を使用して例外を処理する。

Stepの前提条件

  ・Step3の作成物を当スクールへ既に提出していること。
  ・当スクールのJava講座で「例外処理」を終了、または同等知識をお持ちの方。

Stepの目的

  ・例外処理try~catch文を習得し、Step2の通常エラー処理とは異なるエラー処理(例外処理)の流れを理解します。

Stepのキーワード

  例外処理(try catch …)
  条件文(if、if-else) キーボード入力  数字(数字文字列)を数値へ変換  繰り返し(for、while、do-while)

Stepの仕様

  ・Step3に以下のステップ仕様機能を付け加える。(例外処理を追加)
    1)文字列数字を数値に変換する時にエラーが発生した場合に、以下のメッセージを表示する。
      →「文字が入力されました。0~9の数字を入力してください。」エラーメッセージを表示させる。
    2)あらゆる例外エラーをキャッチするExceptionを追加する。

    ※補足
      ・例外をキャッチ(catch)した場合は、例外の種類を出力させる事が出来る。
        →例えば、println( e + "という例外が発生しました"); //ここでのeは例外のオブジェクト名です。

Stepの手順

  1)javaクラスファイル作成する。
    ・Eclipse準備で作成した「jp.co.f1.app.guess」パッケージに「GuessNumS4.java」ファイルを新規作成する。

  2)実行結果画面になるプログラムを、1)で作成したjavaファイルにコーディングを行う。
    ・ステップ仕様を確認して作成する。

  3)次のステップに進む。

Stepの実行結果の例

【実行結果画面】

StepのHINT

   HINTは現時点までの学習内容とします。


ページの先頭へ

数字当てプログラムStep4のテスト実施

Stepの概要

  ・テストを実施し、アプリケーションの動作を検証する。

Stepの前提条件

  ・Step4が完了していること。
 

Stepの目的

  ・作成したアプリケーションが、設計書通りに作成されているかどうかを確認する。 
 

Stepの手順


  1)テスト実施とエビデンスを作成する。
  ・テストケース通りになる事を確認しエビデンスを作成する。

  2)ソースコードチェックリストを作成する。

  3)作成物の提出を行う。
  ・プロジェクトファイル  
  ・ソースコードチェックリスト  
  ・テストケース  
  ・エビデンス  

テストケース

テストケースとは、ある特定の機能が想定通りに正しく動作するかどうかを判断するために行う一連のテストのことです。
テストを行うことによって、作成したアプリケーションの動作確認をすることができます。

テスト
ケース
番号
分類1 テスト内容 テスト
結果
1001 正常系

正解の数字(X)より予想の数字(Y)が大きい場合、「Yより小さいです。」が表示される。

-
1002 正解の数字(X)より予想の数字(Y)が小さい場合、「Yより大きいです。」が表示される。 -
1003 正解の数字(X)と予想の数字(Y)が一致する場合、「!!大当たり!!」が表示される。 -
1004 小文字(q)が入力された場合、「終了します。」が表示されて、終了する。  
2001 異常系

変数に設定した値の数字が0未満又は10以上の場合、「0~9以内の数字を入力してください。
を表示させて、次の数字を入力をもらう。

-
2002 変数に設定した値の数字に文字が入力された場合、 「文字が入力されました。0から9以内の数字を入力してください。」表示させて、次の数字を入力をもらう。(※try-catch使用。まだtry-catch講義を受けていない場合はスキップしてください。) -
2003 変数に設定した値の数字として何も入力されていない場合、 「何も入力されてません。0から9以内の数字を入力してください。」表示させて、次の数字を入力をもらう。 -

テスト実施結果

各テストは、テストケース番号の順に行って下さい。
テストを実施した結果は下図のようになります。
【正常系】


【異常系】


ページの先頭へ